お部屋探し必見ブログRecommended Blog

物件の先行申し込みと先行契約の違いは何?

2021.07.01物件の先行申し込みと先行契約の違いは何?

物件を借りる時に先行申込や先行契約といったものがあるのをご存知でしょうか。
普通の入居申込・賃貸契約と何が違うのか?それぞれのメリット・デメリットをご紹介いたします。 

先行申し込み・先行契約とは一体何?


先行申込や先行契約は、前住者がまだ退去していない「まだ他の人が住んでいる状態」のお部屋や、新築物件でまだ建物が完成していない「未完成」の物件に対して使える賃貸契約上の手続きです。
「※基本的には未完成の新築物件を抑えておきたい場合によく使われます」

しかし、この先行申し込みや先行契約を受け付けていないお部屋もあるので、ますは不動産会社に確認をしておきましょう。
先行申し込みや先行契約を受け付けていない理由としては「イメージしていたのと違った」といったクレームを避けるために、大家さん・管理会社側が決めている場合がほとんどです。

先行申し込みの流れ

先行申込は、前の居住者が住んでいる。建物がまだ完成していない場合で、内見できないお部屋を借りたいときに、内見よりも先に入居申込ができます。
内見と申込の順番を入れ替わると考えておきましょう。

基本の申し込み
内見→入居審査→契約→入居

先行申し込み
入居審査→内見→契約→入居

先行予約の流れ

先行契約とは、居住中や未完成のお部屋に対して、内見をせずに賃貸契約を結ぶ手続きです。
申込・審査だけでなく、契約書への署名捺印まで終わらせます。

基本的には、内見できない遠くの地域から引っ越す場合に使われる手続きです。

例「大阪→東京」に引っ越す場合、内見が難しい場合

先行契約は、審査にも通りやすくなる傾向があります。

先行申し込みと先行契約の違いは?


結論から、先行申込と先行契約の大きな違いはキャンセルできるかどうか

先行申込みは、申し込みを先にするため内見で気に入らなかった場合は「キャンセル可能」ですが、先行契約は、審査に通るとそのまま契約・署名捺印になるため「キャンセル不可」となります。

もし先行契約でキャンセルをする場合は、契約期間内退去という形で手続きが進むので違約金が発生する可能性があるので、先行契約をする場合はしっかりと考えて契約しましょう。

先行申し込みと先行契約のメリットとデメリットは?

先行申し込みのメリットは、入居審査を先に済ましてから内見に行くので、気に入った物件ですぐに契約をしたい場合に時間を短縮できるのが大きなポイントです。審査には数日はかかるので、先に終わらしているとスムーズです。

しかし、先行申込は、内見で問題なければ入居するのが前提なので、気に入った1件しか申込めません。
「不動産屋では暗黙のルールとなっています」

大きな理由としては、何件も申し込むと「この方は何件も申し込んでいるから断る可能性がある」と思われ審査に通りずらくなってしまうからです。

先行契約の大きなメリットは審査が比較的ゆるくなるので、少し不安な方でも通りやすくなります。
しかし、先行契約は内見せずに賃貸契約を締結するためキャンセルが不可能。
もしもやむを得ない形でキャンセルが必要になった場合は、「賃貸の初期費用」+「違約金」が発生する可能性が高いので、気をつけておきましょう。

初期費用をや安く抑える為に

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。

⬇︎

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!

無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。