お部屋探し必見ブログRecommended Blog

団地で一人暮らしは良いの?メリットデメリットをご紹介

2021.07.18団地で一人暮らしは良いの?メリットデメリットをご紹介

家族で暮らすイメージが大きい団地、実は団地で一人暮らしをしている方も意外といます。
今回は団地での一人暮らしについて説明します。
団地への単身入居時の条件や、団地での一人暮らしのメリット、デメリットもご紹介。

団地でも一人暮らしは可能


団地で一人暮らしは可能です。
団地の物件の多くは、経済成長期に住宅の不足を補う目的で建てられた戸数の多い集合住宅。
特に女性の一人暮らしの方からの需要が高いようですね。
ファミリー向けの広い部屋に一人で住むのも良いですし、単身者向けの間取りを備えた団地を探すのも良いでしょう。
ただし、住宅の種類によっては[単身者向け物件のみ入居可能][単身者は〇歳以上であれば入居可能]と条件も多くあるので、団地を探している際には注意しましょう。

団地に住むメリットは


団地は費用に対してコスパが良いです。ふつうの賃貸物件と比較すると、同じ家賃でも広い間取りのお部屋が借りられます。
その他にも様々なメリットがあるので、ご紹介します。

広い間取りに安く住める

団地には2DKや3DKなどの、ファミリー向けに作られた間取りが多いです。中には、広い間取りを単身で借りられるお部屋があります。
般的な家賃相場では、1Kで6~7万円は珍しくありません。しかし、団地で6~7万円だと2DKや2LDKぐらいの広さに住めます。
広々とした部屋に住みたい人にはすごく魅力的でしょう。

一般的な賃貸より初期費用が安い

団地は一般的な賃貸よりも初期費用が安く抑えられます。
大きな理由としては、礼金や仲介手数料が不要の物件が多いからです。
礼金と仲介手数料が無いだけで「家賃2ヶ月分」の初期費用が抑えられます。

最近ではリノベーションで綺麗なお部屋が増えている

団地には築50年以上の物件も珍しくありません。しかし、最近では、内装がリノベーションされている物件が増えており、
建て替えが難しい物件では、外観は古いままでお部屋の中をリノベーションします。内装は新築レベルで綺麗な物件があります。
デザイナーズマンションのようにオシャレな内装のお部屋や、企業とコラボレーションした団地もあります。

団地に住むデメリット

団地に住むメリットもあれば、団地だからこそのデメリットもあります。

生活音が聞こえる

団地は一人暮らしよりも、家族で住んでいる世帯が多く、上階や隣に子どもがいると、泣き声や走り回る音が気になります。
加えて、築年数が古い建物が多い為、壁や床の防音性が低い場合があります。

駅から遠い

団地は1つの建物が大きく、何棟も集まって建てられているため、駅から離れた場所に建てられています。
場所によっては車やバスが無いと不便です。駅近を求める人には厳しいでしょう。

設備が整っていない物件もある

築年数が古い団地だと、エレベーターやエアコンが無い物件もあります。
エレベーターが無いと、引越し作業の際や、帰宅時の上り下りが大変かもしれません。且つ、エアコンが無い場合は設置に費用がかかるので、安さのメリットが不十分になります。

結論的に団地で住む大きな理由は初期費用が安くて広い部屋に住める。
しかし、設備が少し不十分であったり、駅から遠い為、朝が弱い人などは厳しいとも言えます。

団地と同じレベルで初期費用を安くしたいならば無料賃貸へ

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。

⬇︎

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!


無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。