お部屋探し必見ブログRecommended Blog

住んでいる物件を強制退去になる理由!気をつけるべきポイント

2021.07.19住んでいる物件を強制退去になる理由!気をつけるべきポイント

賃貸物件を強制退去になる理由をご存知でしょうか。賃貸契約、入居規約に違反したらすぐに強制退去になるのか。
強制退去になってしまう可能性のものや、強制退去までの時間をご紹介します。
意外と、知らない部分で違反してる可能性も!?

強制退去になるのは大きな規約違反を起こした場合


マンションやアパートを強制退去させられるのは、入居規約にかなり悪質に違反した場合なので、相当な違反でない限り大丈夫です。
基本的には
家賃滞納を2ヶ月以上、ペット不可の物件で隠れて犬や猫を飼っていたりなどが、退去を言い渡される可能性が高いです。
契約違反でなくても、住民トラブルを良く起こしたりする人物に登録されてしまうと、強制退去に発展する場合があります。

近隣トラブルを良く起こす


夜遅くまで飲み会をしたり、騒音問題を繰り返していると、強制退去に発展する可能性があります。
一度や二度ぐらいであれば厳重注意で済みますが、何度も近隣から苦情が多すぎる場合は、要注意人物とみなされるので、一度注意を受けた場合はおとなしくルールに従いましょう。

ペット不可なのに、ペットを飼っている


「ペット不可」の物件であるにもかかわらず、犬や猫などを飼っていると強制退去になります。
外に連れ出さなければバレないと考えていたとしても、鳴き声や、動物特有の匂いですぐに気づかれてしまいます。

強制退去になる期間や流れ

【約1ヶ月以内】
本人へ電話が2〜3回かかってきます。
この場合はしっかりと電話に出て、支払う意思があることを伝えておきましょう。滞納が1ヶ月以内であれば強制退去にはなる可能性はほぼないでしょう。
  ⬇︎
【1~2ヶ月後】
連帯保証人への電話連絡や督促状の送付。そして、内容証明郵便で書面が届きます。書面が届く場合は、電話を無視し続け場合に送られてきますので、電話はしっかり取りましょう。
  ⬇︎
【3~6ヶ月後】
「契約解除通知」が内容証明郵便で届き、裁判所へ請求の申し立てが行われるので、ここまでいってしまうとほぼほぼ強制退去レベルだと思っておきましょう。管理会社に電話して、滞納している金額の振込をしてから、相談すれば、退去は免れるかもしれませんが、見込みは少ないでしょう。
  ⬇︎
【6ヶ月後以降】
強制執行手続き、裁判所による強制退去になります。社会的にブラックリストになってしまいます。
基本的に家賃滞納を2ヶ月以上で電話の対応もなしを続けるとほぼアウトです。

強制退去にならない為には生活水準にあった賃貸を

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。

⬇︎

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!

無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。