お部屋探し必見ブログRecommended Blog

不動産屋・大家さんに敬遠される行動5選

2021.09.14不動産屋・大家さんに敬遠される行動5選

賃貸物件を探す際には、不動産で物件を探す流れがメインです。
しかし、不動産に物件を借りる際には、注意しないといけないポイントがございます。
それは、不動産の方や大家さんに敬遠されない行動をとる事です。

本記事では、その敬遠されやすい行動をまとめているので、ご確認ください。

不動産・大家さんに敬遠される行動

その1 返事をしない

当たり前に嫌われるだろうと思う行動ですが、細かい部分でいうと
ネットで検索をして、気になる物件を見つけたとします。
その物件を取り扱っている不動産に連絡「メール」をした場合、向こうの不動産から物件の情報を紹介してくれます。
この場合に返事をするかしないかでも、不動産業者の受け取り方は変わってきます。
しかし、返信しすぎると、不動産からしつこつ営業メールがくる可能性もあるので、少し際どい内容とも言えます。
なので、自分がその物件の情報をどの程度知りたかったのかを明確に返信すると吉。
例えば、少し物件が気になった程度なのか、空き物件があるのか。など、返信に一言添えるだけでもよいでしょう。

その2 内見しない

内見しないだけで、そんな敬遠されるの?と思いますが、敬遠される可能性はあります。
基本的には、不動産の方々は良い人を大家さんに紹介したいのは当然です。
そのため、内見している人=住む本気度が高いと考えます。
その為、内見している人としていない人の優先順位は、やはりしている人の方が高い。

その3 最後の最後で交渉


これは、人間心理的に交渉は最後になってしまいやすい傾向にあります。
まず、不動産に交渉をしても何の意味も持ちません。
最終的に交渉をして、その条件を飲んでくれるのは大家さんです。
まず、ここを理解しましょう。不動産業者は交渉した内容を大家さんに伝えてくれるのみです。
その為、交渉は最後の最後にしてしまうと、もっと早く言ってくれれば良いのに。と思われてしまいますので、最後に交渉するのは不動産と大家さんの事を考えてやめておきましょう。

その4 キャンセル前提の申し込み

キャンセルはできますか?という前提で物件を紹介してください。これは相当敬遠されます。
不動産も会社として、契約をしてくれた場合に仲介手数料として会社の売り上げになります。
もしもキャンセル前提での契約は、売り上げにならない可能性もあって、大家さんからの印象もあまりよくありません。
しかし、実際にキャンセルかできます。ですが、キャンセル前提だと考えていてもその話はしない方が良いです。

その5 複数の物件の同時申し込み

これは、キャンセル前提の申し込みと同じと捉えてください。
なぜならば、片方は絶対にキャンセルをしてしまうからです。
しかも、複数の物件を申し込みをして、大家さんが同じ・もしくは保証会社が同じだった場合に、どちらかはキャンセルする前提はバレてしまいます。
その場合、本当にこの人は住む気があるのか?と思われしまっても仕方がありません。
その為、複数の申し込みは自分自身の事を考えて、やめておきましょう。

初期費用を安く済ましたいならば無料賃貸がおすすめ

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。
⬇️

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!

無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。