お部屋探し必見ブログRecommended Blog

内見予約をした物件が掲載終了!?その場合の対応方法は?

2021.09.20内見予約をした物件が掲載終了!?その場合の対応方法は?

内見予約したのに掲載終了するのはなぜ?募集が終わったの?と考えるのは至極当然です。
その場合、何が起こっているのか?物件情報(広告)が掲載終了する理由や、気付いたときにどのような対応をすれば良いのかを解説!

入居申込が入ると内見予約していても掲載終了になる


内見予約していたにも関わらず掲載終了するのは他の人が入居申込をした事に理由があります。
基本的に、物件は早く埋まってくれるほど良いので、優先順位として内見する人よりも、家を契約してくれる人という事です。
特に入居希望者が多い1~3月の繁忙期は、申し込みが殺到するので、内見予約したのに掲載終了する傾向があるので、要注意。

サイト更新のラグ

物件情報サイトは、掲載元の不動産屋が手動で情報反映しているのでタイムラグがあります。「入居申込の確認~情報反映までに時間がかかる為」
特に1~3月の繁忙期は不動産屋の手が回らずに、更新の遅れが出やすいです。
そのため、内見予約した直後に掲載終了する場合もあります。検索サイトの情報だけでは、最新の空室状況は確認できません。

加えて、賃貸の市場に出ている物件は、どの不動産屋でも紹介できます。
例えば、一般公開のサイトに広告を出している不動産屋A、広告元ではない不動産屋Bや不動産屋Cからも申し込めます。
その為、不動産屋Aが物件を紹介して契約をとった場合、他の不動産屋が情報を把握するまでに時間がかかるので、どうしてもタイムラグが発生します。

内見前に掲載が終了した場合の対処方法


内見予約したのに掲載終了していたら、まずは不動産屋に電話で連絡。すでに申込みが入ってしまったという場合は、内見予約は取り消しできます。
不動産屋からなんの連絡もなかったり、申込状況を隠して強引に来店を勧めてくる場合は「おとり物件」の可能性があります。

おとり物件とは「実際は契約できないのにサイトや店頭に掲載されている物件」のことです。釣り物件やおとり広告とも呼ばれています。
おとり物件に騙されないためには、本当に空室なのかどうかを確認する必要があります。

おとり物件とは一体なに?悪質な不動産会社に騙されない為に

対処方法は細かな確認

内見しようとして、掲載が終了している可能性は意外にも多くあるので、まず内見をする前日にも不動産屋に一本連絡を入れて確認をするのがトラブルを防ぐ手段でしょう。
賃貸物件はほとんどの物件で内見予約だけでは仮押さえできず、入居申し込みをもって仮押さえとなります。
そのため、賃貸情報サイトでものすごく気に入った物件があり、内見まで間が明いてしまうようなら「内見する前に入居申し込みをする」のも有効です。
ただし、内見前の入居申し込みはリスクもありますし、物件によって申し込み手続きの方法が違ったり、内見しないと入居申し込みを受け入れてくれない場合もあるので、ご注意を。

初期費用を安く済ましたいならば無料賃貸がおすすめ

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。
⬇️

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!

無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。