お部屋探し必見ブログRecommended Blog

内見なしで賃貸契約はリスクがある!?

2021.09.29内見なしで賃貸契約はリスクがある!?

賃貸物件を借りる際に、内見はしておいた方が理由をご存知でしょうか。
内見して何になるの?と思う方もいるかもしれませんが、本記事では、内見をしなかった場合のリスクや内見できない場合の対処法を紹介します。

内見をしない場合


賃貸物件のお部屋を内見しないで契約した場合、イメージと現実に相違が発生して、思っていた生活が送れない可能性がでてきます。
例えば、柱や設備の部分で写真で思っていたよりも部屋が狭く感じたり、日当たりが悪いなど様々です。
入居したばかりなのに引っ越す羽目になったりもするので。トラブルを事前に防ぐために内見はしておいた方が良いです。
※(内見をしてない人と内見をしている人では、入居審査に通りやすくなる率も変わってくる。)

内見をしなかった場合におこりうるリスク一覧

事前に見ていた間取り図と違っていた

不動産から見せてもらった部屋と少し形が違う可能性もあり、内見せずに入居をすると、思っていた場所にソファーやベッドが置けなくなる可能性も出てきます。

掲載されていた写真や動画に写っていなかったキズや汚れがある

不動産からもらう写真は、物件が建った時に撮られた写真の為、新築でない場合は前人が住んでいる事になりますので、写真の時よりも時間がたっています。その確認の為にも内見はして損はないでしょう。

コンセントの配置が悪く、家電類の差込口が遠かった

コンセントの位置も重要です。住んでみて、コンセント位置が微妙で、ベッドの位置なども気をつけなければいけません。特に部屋を仕事場のスペースにしている人も増えていいるので、デスクを置く近くにコンセントがあるかどうかの確認は必須です。

携帯電話の電波状況が悪く、圏外になることが多い

マンションに部屋の位置によっては、電場が届かない場合もあります。内見時に携帯のチェックなどをしていれば、電波のトラブルも防げます。

駐車場や駐輪場が停めづらく出しづらい

車を持っている人には重要なポイントで、部屋の間取り図では確認できない部分でもあります。
駐車場は内見時にしか確認できないのでご注意を。

内見できないお部屋の確認方法


もしも、引越し先が遠くて確認できない場合も出てくると思います。その場合はWeb内見やVR内見でお部屋の中を確認
不動産屋によっては、Web内見やVR内見に対応している場合があるので、現地に行かなくても内見できます。
Web内見は、テレビ電話などを通して、現地のスタッフからスマホやパソコンに現地の様子を届けてもらう内見方法です。
VR内見は、専用ゴーグルやスマホを利用してヴァーチャル世界にあるお部屋を確認する内見方法です。
事前に不動産屋に、Web内見かVR内見が可能かどうか確認しておくと、スムーズです。

初期費用を安く済ましたいならば無料賃貸がおすすめ

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。
⬇️

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!

無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。