お部屋探し必見ブログRecommended Blog

個人事業主になったばかりでは審査に通りにくい?

2021.11.20個人事業主になったばかりでは審査に通りにくい?

個人事業主として働く上で、賃貸を借りる時の審査を気にしたりしますよね。
賃貸は借りられるの?と不安する方のために、本記事では審査に通りやすくする方法などをご説明します。
個人事業主になりたての方はご参考までに。

個人事業主は賃貸の審査に通りにくいのか?


結論からお話すると、個人事業主になったばかりの人は、入居審査は通りにくい傾向はあります。
継続的な収入が無いので判断できない部分と、賃貸の業界に大きな取引先がない為。
しかし、申請書の記入方法をうまく工夫し、証明となる書類を提出すれば審査に通過する確率が上がります。 

個人事業主になりたてでも審査に通る為の工夫

その1 申請書の記入方法はしっかりとした職種を書こう

申請書に「個人事業主」だけの場合は審査に落ちる可能性が大きくなります。
個人事業主だけだと、仕事内容が漠然としていて何をしているのか不明の為。
なので、記入書類には今行っている職種を書くのがベストです。
(例 デザイナー・エンジニア・ライター)
株式会社として何の事業なのかも大きいです。基本は株式として会社を設立しているのであれば、あまり審査に通らない事は少ないですが、株式ではない場合は、どのような仕事をしていて、契約先からいくらの収入があるのかもきちっと伝えましょう。

その3 収入の証明はできる限り出しましょう。

個人事業主に成り立ての場合は、去年の収入を証明できないですが、その場合は通帳のコピーを提出し、収入をもらっている事実を見せると審査の通りやすさが上がります。

その4 初めは高すぎない物件を選ぼう

個人事業主に成り立ての場合は比較的家賃は安い場所を選びましょう。
高すぎるとほとんどの確率で審査に通らない傾向があります。
世間一般的には収入の3分の1が家賃になる金額ですが、個人事業主は4分の1ぐらいを目処にする方が良いです。
収入が30万だとした場合は、7万円ぐらいの物件をはじめは見ておく方が良い。

給料 家賃
20万 5万
25万 6万
30万 7万
35万 9万
40万 10万
50万 15万

その5 審査そのものを家族に頼む

個人事業主として審査が通らない人の最終手段は。家の契約者を両親に頼んで、家賃はこちらで支払うパターンが一番、家を借りられます。
もちろん両親の了承を得るのが難しい場合は自分の名前で審査を通さなければなりません。

個人事業主が家を借りるために用意する4つの書類

・預金通帳のコピー
・前に働いて会社の源泉徴収票
・所得税の納税証明書
・住民税の課税証明書・納税証明書

加えて、大家さんや管理会社によっては、初期費用の金額上限を決めている場合もあります。
例えば、個人事業主になりたての場合は、家賃を継続して払える事が可能であるのかを見る為に、最初の契約内容も少しシビアになる可能性がある事を頭においておきましょう。
(初期費用も高すぎる場所は気をつけておく)

初期費用を安く済ましたいならば無料賃貸がおすすめ

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。
⬇️

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!

無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。