お部屋探し必見ブログRecommended Blog

南向きや西向きなど部屋の場所によって家賃は変わる?

2021.08.04南向きや西向きなど部屋の場所によって家賃は変わる?

賃貸を借りるにあたり、よく西向きや南向きなど、向きが記載されています。
では、部屋の向きによって初期費用や家賃は変わるのか。
本記事でご紹介するのは、部屋の向きによって何が違うのか。家賃は変わるのかを説明いたします。

部屋の向きのメリット・デメリット

南向き

メリット
ほぼ、日中は日当たりがあるので、明るいお部屋環境です。洗濯物やお布団を干すのにとっても最適と言えます。

デメリット
南向きは部屋の中でも人気があるので家賃が高い。夏は常に日当たりが良いので暑いです。

西向き

メリット
実は、一般の人の活動時間帯での日照時間が一番長いのが、西向き。冬はぬくぬく温かいです。

デメリット
西日は強い光のなので、遮光性のカーテンでないと、部屋の中が日焼けする恐れがあります。

北向き

メリット
部屋の向きの中では、人気がなく家賃が安い。北向きなので、日当たりもあまり良くないですが、「明るい」部屋のことが多い。夏は太陽の光が差し込まないので、涼しめ。

デメリット
洗濯物が乾きにくい。冬は太陽の光が入らないので部屋の温度は低い。

東向き

メリット
太陽が昇る東の方向は縁起が良いとして、経営者に人気の方角です。経営者はわざわざ東向きの家や部屋を探す人も多い傾向にあります。

デメリット
日当たりが午前中を過ぎるとほぼ当たらない。冬の部屋の気温は寒い。

部屋の向きでどれほど家賃は変わる?


では、向きでどれほど家賃が変わるのかを基本軸家賃を65000円とした場合、どの程度の差があるのかを比べてみました。

家賃
南向き 70000円
西向き 66000円
北向き 65000円
東向き 68000円

基本的には、そこまで大きすぎる差はありませんが、南向きは他の向きに比べて高い設定にされている傾向にあります。
しかし、初期費用になると、南向きの方が、敷金があったりと他の部屋では敷金ゼロのものがある場合もある為しっかりと確認しておきましょう。

初期費用を安く済ましたいならば無料賃貸がおすすめ

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。
⬇️

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!


無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。