お部屋探し必見ブログRecommended Blog

初期費用のクレジット払いは可能なのか!?きをつけるべきポイント

2021.12.14初期費用のクレジット払いは可能なのか!?きをつけるべきポイント

初期費用や家賃の「クレジットカード払い」が可能な物件が近年増えているのをご存知でしょうか。
家賃については毎月大きな金額を支払うことになりますから、家賃でカードのポイントが貯まるとしたら、入居者としてはかなりうれしいですよね。
クレジット支払いだからこそ、お得な部分と気をつけないといけない部分をご紹介します。

最近はクレジットカード払い可が増えつつある

家賃のカード払いは2014年頃から貸主に知られるようになり、徐々にその数を増やしてきています。
2020年では、クレジットカード払いの割合も3割以上になっている。
※(カード払い可能かどうかは、物件の「管理会社」と「貸主」の許可が必要です。)

家賃は難しいが、初期費用ならばOKの物件も

カード払いに応じている場合でも「初期費用だけOK」や「家賃もOK」など、物件によって条件は異なるので、不動産会社にしっかりと確認してもらいましょう。大きな金額を支払う初期費用をカード払いにできるのはメリットになります。今後、物件選びにおいても大きな着目ポイントの一つなので、頭に置いて損はありません。

初期費用や家賃をカード払いにするメリットとデメリットは?

クレジットカードのポイントがたまる

クレジットカード払いにするメリットのひとつとしてはカードのポイント。
クレジットカードは、支払額の約1%がポイント還元されるのは基本で、毎月5万円の家賃をクレジットカードで支払っていた場合、毎月500円がたまるので、年間で6,000円の金額分お得です。

分割払いやリボ払いは気をつけて

リボ払いや分割払いなど手数料が発生する支払方法を選ぶと、本来支払うべき金額に手数料がかかって損をしてしまいます。
想定よりも高額になってしまうので、クレジット払いをする場合は、絶対にリボ払いや分割払いはやめましょう。

無料賃貸は初期費用のカード払いも可能です。

初期費用を安く済ましたいならば無料賃貸がおすすめ

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。
⬇️

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!

無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。