お部屋探し必見ブログRecommended Blog

敷金の役割と初期費用の関係

2021.11.17敷金の役割と初期費用の関係

物件を探す際にきになるポイントの一つは初期費用ですよね。
初期費用は安いに越したことはないのは当然ですし、そもそも何で必要なのかもわからない内容もあったりします。
礼金は大家さんにお礼金・家賃は部屋の利用料・仲介手数料は契約した事での不動産屋に渡す手数料。
そのほかの細かいものは鍵交換代や保険料などでしょうか。

今回のテーマは初期費用には、なにがどのように利用されているのか、ご紹介いたします。

敷金とは


敷金とは、賃料の不払いや、原状回復費用(通常の使用に伴い発生した損耗を除く)の未払い等に備えて、貸主が担保として無利息にて預かる費用のことをいいます。退去時、借主が支払うべき債務がある場合、その額を差し引いて残金を返還するケースが多いです。賃貸借契約時の特約で退去時に敷金から差し引かれる費用を確認しておきましょう。

敷金の昔と今


敷金は昔と今に比べると、相当安くなっているのを御損じでしょうか。
昔は、敷金の金額は家賃の2ヶ月〜3ヶ月分が多く、今と比べると相当な初期費用が必要になっていました。
現在では、資金がない場合や1ヶ月分が相場になっています。敷金がなしで初期費用が抑えられてラッキーとは思いますが
実は、ここには大きな落とし穴が存在しています。

敷金がゼロのカラクリ


結論的に、敷金ゼロとなっていても、別の名目で支払いをしている可能性があります。
それでは、一旦何で変えられているのか。
その1 家賃を滞納した場合の保証分
もしも、家賃を1ヶ月ほど滞納してしまった場合に立て替えてもらう保証会社の分と捉えておいてください。
そして、この保証会社に加入するのに費用がかかります。その金額は家賃の1ヶ月分が相場となっています。

の2 退去時のクリーニング費用
退去時のクリーニング代金は初めの初期費用として支払うケースと、退去時に支払うケースの2パターン存在します。
クリーニング代金は、敷金とは違い、余ったお金は帰ってきません。加えて、退去時に支払うケースだった場合は。部屋の広さによっても費用が変わるので、どちらかと言えば、初期費用で敷金があるお部屋の方が後々お得ではあります。

無料賃貸では、その初期費用をお得にできます!

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。

例)家賃1ヶ月7万円の物件を契約した場合:初期費用から2.1万円引き

例)仲介手数料がかかる不動産業者で家賃1ヶ月7万円の物件を契約した場合:仲介手数料は7万円かかりますが無料賃貸では0円です。

初期費用を安く済ましたいならば無料賃貸がおすすめ

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。
⬇️

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!

無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。