お部屋探し必見ブログRecommended Blog

敷金の返金はいつにされる?返金されないトラブルを防ぐために

2021.12.07敷金の返金はいつにされる?返金されないトラブルを防ぐために

賃貸を契約する上で、よく言葉として出てくる敷金。
そもそも敷金は部屋を退去する時に現状回復の為の費用なので、入居前にあらかじめ渡しておくものになります。

敷金の返還タイミング

結論的に敷金の返還タイミングは、契約書の内容によって異なります。
実は、返還期間は法律で定まっておらず、管理会社・大家さんが決めています。
もちろん、「10年以内に・・」みたいな非常識な設定はないので、ご安心ください。

基本的に契約書で記載されている内容に多いものは

・退去後一ヶ月以内に返還する
・退去後二ヶ月以内に返還する
・退去後一ヶ月以内の敷金清算金を通知の上、二ヶ月以内に返還する

この三つがほとんどです。

契約書に敷金返還の時期や期限の記載がない場合

契約書に敷金の返還期日が記載されていない場合、「本当に返してくれるのか?」と不安ですよね。
しかし、敷金は預かり金になるので、退去後は遅滞なく返還されます。
目安としては「退去から二ヶ月以内」と考えておきましょう。

期限を過ぎても返還されない場合

期日を過ぎても敷金が返還されない場合や内容証明便による返還請求の場合は訴訟による
返還請求をした方が良いです。
そもそも期日内に返還してこない貸主や不動産会社は悪質極まりないかズボラです。
面倒ですが、こちらからアクションを起こしましょう。

敷金の返還金額はどのくらい?


敷金の返還金額は、原状回復費用を差し引かれた残りの金額になリます。
なので、どこまで返還されるかは、回復費用の金額によってばらつきます。

相場
壁の張り替え 1㎡=1000円〜1500円
畳かえ    1枚=5000円
襖の張り替え 1枚=2000円〜3000円

上記が目安と考えられています。

敷金の原状回復費用を抑えて、次の引っ越し費用に当てよう


もちろん敷金の返還金額が多く戻ってきてくれ方がいいです。
その為には、部屋の現状回復費用がかからないような生活をこころがけておきましょう

・タバコは部屋の中ではなく、ベランダで
・洗面台の水垢はこまめに掃除
・風呂場の水垢も放置しないように

などなど、少し気をつけておくだけで変わります。
そのほうが次の新たに引っ越す物件に費用を当てられるので、お得ですよ。

初期費用を安く済ましたいならば無料賃貸がおすすめ

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。
⬇️

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!

無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。