お部屋探し必見ブログRecommended Blog

新社会人の一人暮らしに必要な費用はいくらぐらい!?良い間取りは?

2022.02.20新社会人の一人暮らしに必要な費用はいくらぐらい!?良い間取りは?

新社会人の生活費は月〇〇万円ほどかかる
一人暮らしの生活費は、家賃や食費、水道光熱費や娯楽費などのトータルですがいくらぐらいなのか。
そんな疑問を解決させていただきます。
これから新社会人になるかた必見です。

新社会人の一人暮らしに必要な毎月の費用

家賃約60,000円 食費約35,000円 水道光熱費約7,000円 娯楽費・交際費約30,000円 スマホ・ネット代約10,000円 衣類・日用消耗品代約7,000円
交通費 約10,000円と平均の相場的に15万円ほどかかると考えておきましょう。

新社会人は何かとお金がかかる

新社会人は一年目で何かと消耗品が多く、何かと金額は入り用です。
なのである程度の余裕を持って引越しできるのが理想になります。
加えて、会社に入ってからできる限りの節約する方法も実は多い。
・会社の福利厚生をできるかぎり駆使する
・電子レンジで簡単にできる料理
・飲み会は上司や先輩と行く

企業の福利厚生を確認しておく

企業によっては「家賃手当」や「引っ越し手当」が出る会社も多くあります。
福利厚生は入社が決まった時点で受けられる特典なので、積極的に利用するのが吉。

賃貸契約の初期費用は家賃4~5ヶ月分

賃貸物件を借りるのにかかる初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料などのトータルで家賃4~5ヶ月分の金額が相場です。

敷金家賃1ヶ月分 礼金家賃1ヶ月分 仲介手数料家賃1ヶ月分+税 保証会社利用料家賃0.5~1ヶ月分
火災保険料約15,000円 鍵交換費用約15,000円 前家賃家賃1ヶ月分
上記は引越しをする上で、基本軸としてかkる料金になります。
「※あくまで目安」
加えて、家賃以外で初期費用を抑える方法を紹介します。

仲介手数料が半額~無料の不動産屋にする
月初に入居して日割り家賃をなくす
敷金・礼金がない場所を探す

初期費用を安く済ましたいならば無料賃貸がおすすめ

無料賃貸では、家賃や初期費用を他の不動産よりもお安く提供できます。
余ったお金は、貯金や家具など自分の生活しやすくする為に使えます。

入居費用から家賃の30%分値引き!

無料賃貸では、仲介手数料を無料。
加えて、家賃30%分を値引きで契約が可能です。

大手の不動産仲介業者もそうですが、物件の管理会社とお客様をつなぐ仲介手数料として家賃1ヶ月分を物件の管理会社からいただいております。
当店ではその利益の30%をお客様に還元しているので、他店と比べて安くお部屋を借りることができます。
⬇️

初期費用をグンと減らせる無料賃貸の秘密!!

無料賃貸は、他の不動産よりも初期費用をグンと抑え、あなたの負担を減らすお手伝いをさせていただきます。
少しでも最初の初期費用を抑えたい、余ったお金を家具や他の生活費に当てたいと考えている方は、是非とも一度、
お電話もしくはラインでのご連絡をおまちしております。

あなたの住みたいを提供します。

他店より安く借りられるカラクリ大公開!

どこにもできないこの価格。

無料賃貸なら!仲介手数料無料!
入居費用から家賃の30%を割引き!

他社サイトの物件でも大丈夫!
一度ご相談ください!
どこよりも安く提案させていただきます。